自由な働き方を探すあなたにおすすめの人材派遣会社ランキングです

派遣会社を利用するメリットとデメリットについて

人材派遣会社の仕組みを簡単に説明すると、企業とあなた(働き手)の間に派遣会社が入り、あなたには働き口を。企業に対しては働き手を斡旋してくれるものとなっています。ですので、働き手となるあなたには派遣会社(派遣されている企業を通して)から給与などが支払われることになります。

時給は地域によって多少ことなるかとは思いますが、だいたい1000円以上~が主となっています。働き手が派遣会社を利用するメリットとしては派遣会社があいだに入ってくれることで、派遣先の企業と業務などでトラブルが起きた時にも派遣会社が仲裁に入り双方の納得のいくかたちで解決へと導いてくれます。

また派遣先によっては、始めのころは派遣社員で入ってもらって、双方(派遣先と働き手)が条件に納得できれば派遣社員から正社員へと昇格できるようなシステムを導入しているところも多いです。ですので気になる分野だが全くの未経験という場合も派遣期間の数か月ほどで仕事を覚え、可能であれば派遣期間の更新、または正社員としてその会社へ直接雇用してもらう。ということもできるかと思います。

以前はその職種に勤めていたけれど、結婚・出産をへてブランクが空いてしまったので、まずは派遣社員として慣らしていきたい、という方にも派遣社員という働きかたはメリットが多いかと思います。ただ、デメリットとしてはボーナスがなかったり、やはり正社員と比べてしまうと任せてもらえる仕事の種類が多少違うかもしれないですね。

あとは、契約期間が数か月~1年ほどなので更新の手間や、更新自体がなかったりする場合は再度、職を探す。という手間はかかってきます。ただ新しい分野へのチャレンジだったり主婦のパートであれば割と時給もいいほうなので女性には比較的都合の良い働きかたかもしれませんね。

また働き手だけではなく、派遣先(雇用先)にとっても派遣社員制度を利用することでメリットが生じてきます。どのような職種にも繁忙期というものが存在するかと思うのですが、繁忙期に上手に派遣社員を導入することで業務をスムーズに運ぶことができるのです。

また経験者優遇という条件をあげていれば即戦力となる人材がきてくれるかと思いますので、教育係などをつける手間も人材も省くことができるでしょう。また金銭面でも派遣社員の時給はわりと高めに設定してあるように感じますが…派遣先としては支払うのは働いた分の時給くらいなもの。

正社員を雇用するには給与のほかにも福利厚生なども会社側が負担することになるので長い目でみれば派遣社員と正社員では金額に大きな差がでてくるのです。ただ、派遣社員は契約期間ありきの期間限定の雇用関係なので重要な部分の仕事をお任せできない。という面はあるかと思います。
TOP