自由な働き方を探すあなたにおすすめの人材派遣会社ランキングです

元人材派遣会社員が語る派遣会社の仕組み

実際に大阪の人材派遣会社で働いたことのある私が人材派遣会社の内部の仕組みをお話させていただきます。

まず、登録された人がいたら会社のシステムに連絡が入ります。連絡が入ればすぐに電話で連絡を取るようにします。連絡がつながれば登録条件を相手から聞き出しますが、ここから面接みたいなのが始まっていることを意識してください。相手の話し方、コミュニケーションはとれるのか、また、登録用の写真で希望している企業のイメージに合うのかも判断しています。なので、派遣登録だからといって、適当な写真を登録するのは危険なのでやめておいた方がいいと思います。イメージに合っていないと、仕事に空きがあっても紹介してもらえない可能性があります。

それは、電話対応も同じなので気を付けるようにして下さい。データは個別で登録できるようになっていて、コメント欄に電話対応の雰囲気などが残りますので、対応が悪すぎると危険人物リストに載り、今後仕事が紹介されないようになってしまう可能性もあるので気を付けてください。かといって、今は働き口が多くあり、人材が少ない傾向にあるので、よっぽど下手な対応をしなければ基本的には大丈夫だと思います。

次に、私が働いていた企業では、登録会というものに参加していただくことになっていました。ここでも、面接的要素が入っていることを意識してください。登録会に参加する際は、服装をあまり適当にしすぎないように気を付けるべきです。あまり清潔感がない服装や雰囲気で行くと、仕事を紹介されない場合があります。電話やメールでは気楽な格好で来てくださいと話をされますが、常識の範囲内でのことを言っているので、変な格好は控えるようにしましょう。

次に、働いてからなのですが、基本的には仕事の相談は聞いてくれます。しかし、企業としては人材を辞めさせない方向にしたいので、やめたい相談などは丸く収められて仕事を続けさせられてしまいます。なので、辞めたい場合のお勧めの言い訳は、親の体調が崩れてしまい仕事を続けることが難しいと伝えましょう。企業としてもそのような話をされるとあまり深く話を聞くことができず、仕事を辞める手続きに入ります。派遣社員に多いのが連絡なしに辞めることが多いのですが、連絡なしに辞めてしまうとこの場合も危険人物リストに載り、今後仕事を紹介されなくなります。

以上のように、人材派遣会社は思っている以上に会話や雰囲気から仕事を紹介するかを考えていますので、電話や登録会では面接をしている気持ちで行うことをお勧めします。
TOP