自由な働き方を探すあなたにおすすめの人材派遣会社ランキングです

人材派遣会社の評価について

人材派遣会社といってもホワイトカラー、ブルーカラーのどちらに強いのか、または製造業の系列会社として系列ならホワイトカラー、ブルーカラーを問わず、関係なく多くの求人、案件を抱えているのかといった違いがあります。

実際に派遣会社に登録する際には事前にどのような派遣先を持っていて、その派遣会社の資本系列についても確認しておけば、ある程度自分が希望する仕事、業務を紹介してもらえるかどうかイメージできることになります。では、実際に人材派遣会社で工場に派遣される仕事についたとしましょう。ここで、人材派遣会社をどのように評価していくかが見えてきます。

まずは定期的に派遣現場を確認に来る営業マンがどうかがポイントです。現場を知らない派遣会社のスタッフ、特に営業では定期的な面談でいろいろな要望や意見、希望を発信してもなかなか聞きいれてもらえないもの、または理解できずに派遣先との交渉もうまくできないということになります。

そして、工場への派遣となれば、季節変動もあったり、製造ラインの変更、製造現場からエイジングテストの現場への変更などなどいろいろな変化点がほかの派遣先に比べると多くなるのが現実です。こうした事実がある中、派遣社員の適性や希望をうまく把握し、派遣先とうまく調整してもらえるのかどうか、ここはまさしく派遣会社の力の見せ所です。

さらには契約期間内であってもどうしても仕事の谷間が訪れることもありえます。そんなときにいかに派遣社員にうまく仕事を振り分ける交渉がで来るのかどうかも大きなところです。どうしても工場が派遣先であった場合には発生してくる課題です。

ですから、冒頭の記述に戻りますが仮に工場勤務が希望であれば、製造業の系列の人材派遣会社に登録して派遣先を見つけてもらうほうが得策となるわけです。仮に1か所の仕事が減った場合でもほかの現場で必要なぎょううが発生することもあり、派遣社員の人材をうまくまわしていくことが可能となるからです。

人材派遣会社も派遣法の改正により、長期契約の派遣社員の契約については正社員登用という難しい課題が発生してきています。これらをうまくカバーしてくれる人材派遣会社かどうか、実際に働きながら先輩派遣社員の契約内容、状況を確認していけばきっとその答えも見えてくるはずです。派遣契約もこれからはこうした観点で契約を見ながら働くことがポイントになってくるのではないでしょうか。
TOP